PMC定例会にて「同一労働同一賃金」をテーマに講演いたしました

PMC定例会にて「同一労働同一賃金」をテーマに講演いたしました

PMPでは今年40年を迎える歴史ある外資人事責任者の会 Personnel Managers’ Club(略称PMC)の活動にも力を入れています。

1月15日(水)には、会員向けの定例会にて「同一労働同一賃金」のテーマで代表の鈴木が講演いたしました。
2020年4月の短時間有期雇用労働法の施行に伴い、同一労働同一賃金の動きが加速しております。同一労働同一賃金の概要のご紹介から、実務上の整理、法施行までにやるべき事項などについて解説いたしました。

ご参加いただいた皆様からは、
・法改正のポイントや、企業として何を準備すべきかの具体的な事項が大変わかりやすく説明されていた。・会社として具体的にどう動くべきかがクリアになり、安心した。・当社の「正社員」とは何か、を考える機会として活用したい。
等の感想をいただきました。

短時間有期雇用労働法の内容や、同一労働同一賃金への対応等に関するご相談等、個別に承ります。 どうぞこちらからお気軽にお問い合わせください。

以 上